個人のファイナンスについて

個人のファイナンスで普段から思っていることがあります。

個人のファイナンスについて

個人のファイナンスについて 個人のファイナンスで普段から思っていることがあります。ファイナンスとは色々と意味があるのですが、その一つが資金調達です。要するに個人の資金調達、融資について、ということです。それで肝心に思っていることですが、何よりも計画が大事、ということです。当然のことですが、お金を借りるとどうしても金利を支払うことになります。ですから、何よりも返済計画を考える必要があります。また、私はそこまでお金を借りることはないのですが、最近ではATMで簡単にお金を借りることができるようになっていますから、誘惑は多いです。有効的に使うことができるのであれば、まったく問題ないですが、借り過ぎないようにしたほうがよいことであるといえます。普段から思っているのは、そもそもお金を借りること自体、避けたほうが良い、ということです。貯金があるならば、それを使ったほうがよいです。

しかし、人生ではどうしてもお金を借りないといけないこともあります。住宅ローンとかそうしたものです。それは仕方ないことではありますが、それでも楽に返済できる金額にしたほうがよいことは確かです。どうしても多額になればなるほど支払う金利は、とにかく高くなるのです。

Copyright (C)2014個人のファイナンスについて.All rights reserved.